日本ステリは、医療現場を支援する多才なサービスで病院の経営効率を高めていきます。

人財育成
人財育成

人財育成

日本ステリでは、人財育成の充実をめざしていち早く取り組んできました。下記は一例ですが、特に「就職しても実際に大丈夫か」という不安のある、 医療関係の学科等の出身でない人でもきちんとサポートしていくことを目的にしています。その後の仕事が充実するかどうかは、あなたの取り組み方次第です。

■新卒者教育(入社1〜3年)
入社から3年間をかけて、各種教育研修でサポート。基本となる接遇教育はもちろん、OJTによる実務研修、OFF-JTによる各種集合教育を計画的に実施します。 滅菌や感染防止対策の専門基礎知識教育についても実施し、安全なサービス提供につなげます。

■中堅者教育
・社内集合教育(マネジメントスキル養成講座等)
・各種認定資格(滅菌管理士・院内受託責任者等)の講習会参加奨励
・各種学会(日本医療機器学会、中材業務研究会)や外部企業でのセミナー参加を奨励

■管理者研修
責任者研修会など

■その他
ME2種認定資格試験勉強会など

上記は一例です。年度ごとに実施する研修や参加奨励講習等は、変更のうえ計画されます。

■産休・育休制度
日本ステリでは、人財育成との関連において産休や育児休業制度の活用により、社員が培った経験(キャリア)を活かし続けられるよう推進しています。
女性にとっては、「結婚・出産」という人生の大切な節目とライフスタイルとしての仕事のバランスについて、悩みを抱えることもまだまだ少なくないと言われています。
日本ステリの社員のうち、女性社員は約4割。会社の活力を担っているのも多くの女性社員のみなさんです。 仕事や責任においても、男女の区分は原則ありません。そうした環境だからこそ、培うキャリアにも当然区別はありません。
制度としては法定に沿った産休や育児休業制度となっていますが、取得する女性社員は年々増加。なかには2人目のお子さんを出産し、 育児休業取得後に職場復帰を予定している人もいます。家族などの協力もしっかりいただきつつ、仕事への責任を果たそうとしている姿は頼もしさをさらに輝かせています。

  • ステリの力

    多くの人々の暮らしと「いのち」に豊かな未来を描く5つの強みをご紹介します。


ページ上へ